bBの中古車市場と買取相場

bBの買取り事情

平成12年にデビューして以来、bBの人気は絶対的なものとなりました。現代の丸みを帯びたシルエットに反しカクカクしたボディ形状と当時は珍しかった、ベンチシートとコラムシフトにアメリカンからヨーロピアン、旧車風などカスタムベースとしても人気となりました。

平成28年に生産終了となり、最終モデルとなりましたが新車販売価格が150万円前後とお買い求め安い価格帯ということもあり、ワンプライス(値引き無し)ながらライバル車が不在のなか、bBの売り上げ台数は一人勝ち状態が続きました。その後マイナーチェンジやフルモデルチェンジを繰り返し、現在のモデルへとシンプルなデザインから斬新なデザインへと進化していきます。

bBの中古車市場の人気はいまだ健在ですが、初代モデルの買取りの条件と最終モデルの買取りの条件は異なるものがあります。そこで、年代、モデル別にその買取相場と中古車市場の現状を解説していきましょう。

初代bB(NCP30系)前期モデルの買取相場

デビュー当時は排気量が1300ccのSタイプと1500ccのZタイプに分かれ、なかでもXバージョンは純正ではあるもののエアロパーツとアルミホイール、プライバシーガラスなどが標準装備で装着されており、人気が集中しました。

その初期モデルとなるのが平成12年~14年まで生産されたモデルとなります。もうすでに15年以上経過していますし、走行距離も10万km以上走っている状態が多いのではないでしょうか。しかし、それでも買取価格が他の同クラスの車より査定価格が付くのはTOYOTAブランドの強みでもあります。エンジンやミッションなど機関的な部品が世界中に供給されますので、廃車と思い込まずに車の価値はなくても部品のリサイクルとしての価値は十分にあります。

他にもXバージョンであれば、エアロパーツやアルミホイール、サスペンションも中古パーツとして非常に高い需要があるのです。そんなbB初期モデルの目指す買取り相場は走行距離が10万km以上であれば8万円~10万円。10万km未満であれば10万円~20万円です。全国の一般的な廃車買取価格が2万円~3万円に対しオークションではそれ以上の価格で取引されていますので、10万円~20万円を目標に買取査定に挑みましょう!!

査定比較.comで査定価格をチェックする

bB(NCP30系)後期モデルの買取相場

平成15年にマイナーチェンジが行われます。当時アメリカで販売されていたサイオン xBとほぼ同形状となります。主な変更部分は大きくなったフロントとリヤのバンパー、クリアになったヘッドライトなどです。前期型同様にXバージョンに人気が集中しますが、現在の中古車市場では未だその人気は継続しています。

 

走行距離も若干低めで想定したうえで、目指す査定金額は最低20万円から最高35万円です。最高査定金額の条件としては、①ボディカラーはブラックかパールホワイト②1500ccのZ-Xバージョン③走行距離が7万km以下、無事故車であることが見込まれますが、上記相場表のように年式関係なく、事故歴アリ(R点)でも20万円オーバーがあるので、このモデルに関しては条件を満たしてなくても30万円を目指し買取査定に挑みましょう。

査定比較.comで査定価格をチェックする

フルモデルチェンジ後 bB(QNC20系) 買取相場

平成17年にフルモデルチェンジを行い、そのデザインは若者志向がより強くなったデザインとなりました。また、フルモデルチェンジ後のbBはダイハツでクー、スバルでデックスという名でOCMとして販売拡大を狙いました。しかし大幅なデザイン変更に伴い、ターゲット層が縮小され、それまでの販売台数が減少することになりました。

グレードは従来通り1300ccと1500ccに分かれましたが、1300ccはダイハツ製のエンジンが採用されることになり、FMC(フルモデルチェンジ)後の人気は1500ccへと移行していきます。それは中古車市場でも影響があり、bBの1500ccというのが買取において条件的な部分となっていきます。

では、その1300ccと1500ccの違いを見ていただきましょう。

このように同じような程度であれば20万円ほど差が出ています。これはNCP30系ではほとんど出なかった格差です。また、ボディーカラーもブラックやパールホワイトだけでなくワイン、ブルーといったカラーも人気が出始めます。

査定比較.comで査定価格をチェックする

bB(QNC20系)後期 買取相場

平成20年10月にマイナーチェンジ(後期型)を行いますが、QNC20系へFMC後はエコカーやハイブリッドカーの人気に押されbBの知名度がユーザーの購入車種の候補から徐々に影を潜んでいきました。また、ライバル車の日産キューブは販売台数が好調の反面、bBのターゲット層は広がることがありませんでした。そして、平成28年に16年間に及ぶ、bBの生産が終了となり、後にタンクへと後継していきます。

bB(QNC20系)前期型の相場をご覧いただきましたが、生産終了とはいえ、後期型も中古車市場で相場を維持しています。QNC20系では前期、後期の大きなモデルの違いさほどなく、グレードの追加やカラーの追加程度です。人気がある特別仕様のグレードでない限り相場の格差は気にしなくていいでしょう。

bBの最終モデルに人気が集中したのが、煌めきエディションです。上記画像が煌めきエディションですが、ビレットグリルやメッキパーツが施され当時の人気回復の一つとなりました。では、早速bB最終モデルの相場をご覧ください。

上から価格が高い順に表示しています。ご覧のように煌めきに相場が集中していますが、そのほか1300ccS-Xや1500ccZにも高い評価が得られています。現在ではbBは生産されておらず、今後も復活することはないでしょう。しかし、デビュー後のbBのインパクトは世間から消えておらず、中古車市場ではbBを目当てに探しているユーザーが多いのが現状です。

査定比較.comで査定価格をチェックする

bBの買取相場を3秒でチェックする

bBの年式や程度から廃車とか低い評価が当たり前とか最初から査定価格に期待していない人ほど損をします。これらのようにbBのモデルによって差はありますが、現在の相場を把握することで実際の買取り希望価格が設定できます。そして、複数の買取業者から査定をしてもらうことで希望買取価格に近付けるはずです。

この査定比較.comは全国のオークションの相場を基に買取査定を算出します。よって、ディーラーや中古車販売店などの下取価格とは数十万円の差がでて当然の事なのです。また、複数の大手買取業者や専門業者、海外輸出貿易会社などにより、それぞれの得意分野を見つけることができ、希望金額以上の査定価格を得られた人も多いのです。

高価買取のポイントその①
今の買取り相場を事前にチェックすること
・・・査定比較.comでは必要な項目に入力し3秒後におおよその査定相場が表示されますので、その金額を参考に希望金額を設定しましょう。

高価買取のポイントその②
複数の業者に査定してもらうこと
・・・1社、2社だけでは足元を見られるだけです。最低でも5社から査定金額を出してもらいましょう。その業者の中にはその車を探している全国のユーザーがいるかもしれません。

高価買取のポイントその③
低年式、過走行、事故車など諦めるのはまだ早い
・・・廃車でもリサイクルや海外輸出により一般買取可能なのです。中古車市場の需要がなくても業界にはたくさんの業者が存在しますので高価買取が実現します。

そんな条件を満たし、高価買取が実現できる査定比較.comはこちら

査定比較.comへススム

 

 

 

 bBを廃車を買取業者の査定に出したくなったら、一つの業者だけに査定をたのまず必ずいくつかの業者を使い、次に洗bBを廃車を済ませ、必要書類はきちんと準備しておきましょう。それからもう一つ、後から変に話が拗れたりすると困るので、事故を起こして修理したことなどは率直に申し出ておきましょう。また査定額に納得できないならもうその業者に売るのはやめて悔いを残さないようにしましょう。インターネットを使うことで、bBを廃車の査定額の相場を調べられます。中古bBを廃車買取業者の中でも大手のサイトなどで、bBを廃車の買取価格の相場が調べられます。相場を分かっていることで、相場より安く売って損してしまうこともないので、事前によく確認をしてください。とは言っても、bBを廃車の状態で変化するため必ず相場の通りに売ることができるとは限りません。自分のbBを廃車を売りに出すときの手順としては、まずはインターネットなどで一括査定を頼みます。中古bBを廃車の買取業者によってこちらの打ち込んだ情報から査定額が表示されますから、数ある中から査定の額が高い業者や、信頼のできそうな業者をその中から見つけ、実物をみてもらい、査定してもらいます。査定の金額が満足いくものだったら、契約し、bBを廃車を売却します。代金は後日に振り込みされることがほとんどです。近頃では、スマホ人口は増加の一途をたどりつつありますが、bBを廃車の査定も勿論スマホで手続きが可能です。パソコンをあまり使わないという人もネットだからこそ可能な一括査定サービスを利用でき、大変便利ですね。査定額をなるべく高く出してくる業者に当たりたいものですし、そのために、ぜひ複数の業者で査定を受けましょう。bBを廃車査定用アプリも随分出てきましたので、それらを使うことでさらに効率的に業者探しができるかもしれません。買取業者ごとに異なる中古bBを廃車の査定額ですが、その差は意外と大きいことが知られています。安く買い叩かれて意に沿わない取引になってしまわないように、見積もりは複数の業者から集めて大体の相場を知る手掛かりにするとよいです。ただし、ネットを利用して手に入れた見積もりと業者がbBを廃車をちゃんと調べた上で出す査定額は変わってくるものですから、その点については留意しておくべきでしょう。まれに、ネットの見積額は高く出して、実際に出してきた査定額は相場以下に落ちているという悪意のある業者も少数ながら存在しています。bBを廃車を売りたいと思い立った場合、複数の業者に見積もりを頼める一括査定サイトは便利で重宝します。でもこれを申し込むことで、買取業者からの営業電話がひんぱんに入るようになり同じ様に営業メールも来るということは理解しておいてください。これを防ぐ方法は、着信拒否機能を使うために入力フォームには携帯電話の番号だけ書き込み、捨てアドレスを取得してメール欄はそれで埋めておきましょう。くわえて、ネットの査定が済んで実物を見てもらう段階の査定でも業者は複数利用するのが手間ではありますが高額査定への道です。当然ですが、bBを廃車の査定の時は走行した距離の短い方がプラスの査定になります。走った距離の長い方が、その分だけbBを廃車がダメになっていくためです。とは言っても、走行距離のメーターをいじってしまうとそれは詐欺となってしまうので、走行してしまった分は仕方がありません。今後はbBを廃車を売りに出すときの事を考え、余計な距離を走らない方が良いでしょう。中古bBを廃車買取業者を利用してbBを廃車を売りたい場合、一つの会社にのみに査定を任せてしまうのがおすすめできない訳はそこではない別の業者を選んで利用していればもっと高い査定額がついてお得だった可能性があるためです。近頃ではインターネット上のサービスを使って一括査定を受けて数社の買取業者から見積もりを出させてどこが一番高く買ってくれそうなのかがわかります。少々手間はかかるでしょうが、やはり複数の業者を使って査定してもらうことで査定額は相場に合った適正なものになり、満足のいく愛bBを廃車とのお別れになるでしょう。bBを廃車検が切れたbBを廃車の査定については査定を受けること自体に支障はないのですが、bBを廃車検を通っていないbBを廃車は公道走行不可ですから、査定を受けるには出張査定しかありません。お金をかけてbBを廃車検を通し、それから売ることを考えるより、いっそbBを廃車検は切らしたままで売りに出す方が得になるので、ここは迷わず出張査定を受けるべきでしょう。こういったケースにおいても単独の業者に依頼せず複数のところから査定を受けますと少し面倒に思うかもしれませんがメリットは大きいです。事故bBを廃車でも査定は受けられますが、査定金額はまず低くなってしまいます。しかし、事故にあったことを隠しても査定する人は事故bBを廃車であることは分かるので、マイナスになってしまいます。事故によるダメージが大きすぎる場合には、数は少ないですが、事故bBを廃車を専門にしている買取業者の査定を受けると良いでしょう。こちらの方が良い査定額をつけてくれる場合もあるでしょう。